高級時計 本物 vs ニセモノ Tag Heuer (タグ・ホイヤー)フォミュラー1 グランドデイト(WAH1010.BA0854)の場合 その1


高級時計を買う場合、もっとも気になるのは、本物か?コピーか?ってところではないでしょうか?

私が購入したときも一番気にしたのはそれでした。

『コピー品といっても、ピンからキリまであるよ。あきらかに印刷がずれているのもあれば、本物そっくりにできていて中を開けてみて使用している部品を見ないとわからないものまであるらしい』

私がいろいろと取材した結果、そのような意見が聞かれました。

インターネットでも調べてみましたが、このあたりを詳しく書いているサイトはありませんでした。

なので、私が、本物と偽物を取り寄せて調べてみることにしました。

本物と偽物を並べて比較するのが一番分り易いので。

知人のツテを使ったりしまして、本物と偽物をゲットしました。

タグ・ホイヤー フォミュラー1 グランドデイト 型番 WAH1010.BA0854 です。

ちなみに金額ですが......

本物   定価 115500円(税込)

偽物   14092円(税込)(箱付価格)

でした。

送られてきた箱です↓(以下の写真は、クリックすると大きくなります)

  
         本物(115500円)                  偽物(コピー品) (14092円)

箱からして明らかに違いますね。

本物はオリジナルデザインのケースですが、偽物はよくある形の箱に合成皮を貼ってTAG HEUERのロゴを入れただけ。


  

箱を開けて時計を見た感じです。

時計を押さえている中の梱包材も、本物はクッションに皮張りですが、偽物は紙を手荒にくるんだようなものです。



さて、時計そのものの比較です。

見るからに大きさが違いますね。


偽物の方も、『タグ・ホイヤー フォミュラー1 グランドデイト(WAH1010.BA0854)のコピー品』という振れ込みだったのですが......。

コピーといっても”B5版に縮小コピー”(笑)なのかも?



金属ベルトも違います。太さもそうですが、金属の厚みも...。

本物はやっぱりがっちりしています。



時計本体そのものを並べてみました。偽物はやっぱり、”B5版に縮小コピー”ですね(笑)。

  

並べてみれば、文字盤もそうですが、長針、短針も違いますね。

  

サイドのリューズの部分。

本物はねじ込み式リュウズですが、偽物はそのまま引き出せますのでこのまま海に入ったら時計の内部は水浸しでしょう、きっと。

安価な偽物は、ねじ込み式リューズなんて凝った仕組みまでコピーするコストは掛けられないということか。

このリューズの部分は、本物と偽物の識別点のひとつでしょう。

  

裏蓋をみればさらによくわかります。

本物はクオーツですが、偽物は自動巻き(笑)。いったい何をどうコピーしたのでしょうか?

本物の裏蓋にはシリアルナンバーが刻印されていますが、偽物にはありません。

ここも大きな識別点です。



撮影中に金属バンドがちぎれてしまいました。

まだ一度も腕にはめていないのにもかかわらず(笑)。

さすが、偽物。

14000円もしたんですよね、コレ。

こんな偽物買うならば、1万円でG○ョック買った方がずっといいです。

タグホイヤー専門店 デジタルトレーディングショップ トップに戻る  タグホイヤー 本物 VS Aランクコピー比較!を見る